美肌のためのスキンケア方法:保湿

skincare.jpg 日本には美しい四季があり、 私たちの体は、季節に対応しようとしてさまざまな働きをします。 もちろん、お肌もそうです。 スキンケアで一番重要となる顔は、いちばん外気にふれる部分ですので、大きい変化があります。 人間の体には、気温が暖かくなると体を冷やそうとし、 寒くなると体を温めようとする機能がそなわっています。

顔にはたくさんの血管が通っていますので、その血流量によって体温を調節しています。 春分の日あたりから少なくなり始め、秋分の日あたりから増えていこうとします。 ですが、この血液の量の増減と、気温にズレが生じることがあります。 そういったときに“敏感肌”というトラブルが起きることがあるのです。 敏感肌の方にもしっかりとスキンケアで美肌になる対策をお伝えしていますので どうぞ当サイトをご覧くださいませ。


【PR】スキンケアしたい方必見ですよ!!ナチュラルコスメおすすめ商材


小松和子流 ナチュラルコスメ スキンケア&メイク術


skincare-1.jpg

敏感肌になると、肌のバリア機能が落ちてしまい、肌トラブルに悩まされることになってしまいます。 角質層内の水分保持成分(NMF)や細胞間資質などが良いバランスを保っていると、 肌はバリア機能を発揮してくれます。 バリア機能が落ちているときには、スキンケアとしては化粧品を用いて保湿し、 潤いを与え美肌対策をすることが、 有効なスキンケアということになります。

美白化粧 ビタミンC誘導体

美白やホワイトニングといわれる化粧品に関しては、メーカー別の売筋ランキングの上位に入っているようで、20代から60代といった幅広い年齢層にわたり売れているそうです。

ただ、厚生省が美白やホワイトニングと表示をしていいと認めている商品は薬用化粧品だけなのです。
その有効成分として、ビタミンC、アルブチン、プラセンタエキス、コウジ酸、エラグ酸などが挙げられています。

しかし、こういった美白化粧品というものは、このように「メラニン生成を抑制する成分」に、「新陳代謝の促進成分」などを追加して製品化しているのです。

でも、花王が行った調査によりますと、ホワイトニングエッセンスを使用したことのある人の中で、およそ半数の人が効果が感じられないとか、価格が高額なため使うのを中止したという結果が出たそうです。

基本的には、歳を重ねていくごとに皮膚の色素沈着が増えていきます。ファンデーション、チーク、口紅、アイシャドウなどの化粧品によっても、紫褐色のシミになってしまう恐れもあり、妊娠したり薬の副作用などで、強いシミが出来てしまうということもわかっています。

コウジ酸という成分はどういったものなのかご存知でしょうか。この成分を配合した化粧水、美容液、乳液、クリーム、などには十分な美白効果が期待できます。

そして安全性も高いという評価が1994年に発表されています。コウジ酸というものは、各種微生物の培養液から抽出されたものです。そして主な働きとしては、多くの細菌を抑制する殺菌力があるのです。

近頃は高機能の美白コスメがたくさん出てきましたが、特に注目したいのはビタミンC誘導体の還元力ではないでしょうか。紫外線を受けると体内では活性酸素が発生し、メラニン合成が始まってしまいます。

"美白化粧 ビタミンC誘導体" の続きを読む

関連カテゴリー: 美白TB(0)

美白のための化粧品の選び方

美白化粧についてお話したいと思います。「ホワイトング」の期待できる化粧品に入っている主な成分はどういったものが入っているか調べてみましょう。

◆メラニン生成抑制作用を持つ成分
◆情報伝達物質に信号を伝達しない成分
◆濃色細胞を淡色細胞に変える成分
◆炎症を鎮める成分

以上のような成分があるようです。

スペシャルケアというような商品はいくつかを組み合わせているので、1製品につき、どれか1成分が入っているだけですので、そういった場合は、ほかの製品と一緒に使用する事により、ホワイトニングケアを総合的に行うことが出来るようになっていることが多いです。

人の細胞というものは、夜の睡眠中に作られていますので、ホワイトニングケアを朝おこなっても意味はありません。朝おこなうべきことは、日焼け対策です。


"美白のための化粧品の選び方" の続きを読む

関連カテゴリー: 美白TB(0)